曲目:ローリング
歌手:中島みゆき
专辑:中岛みゆき

工事ランプの冻る路地をたどって
工地上的讯号灯在寒夜中闪着
探しあぐねた たむろできる场所を
为寻觅聚会之所而走遍街头巷尾
昨夜騒いだ店は 客を忘れて
昨晚蒙眬中在这里欢谈畅饮 但店员却把我们忘记
一见相手の洒落た挨拶を配る
犹如接待一般陌生宾客 不断献殷勤
Rollin' Age 淋しさを
Rollin' Age 不要把寂寞
Rollin' Age 他人に言うな
Rollin' Age 向别人诉说
軽く軽く伤ついてゆけ
轻轻苦楚 等于激励
Rollin' Age 笑いながら
Rollin' Age 高声地大笑
Rollin' Age 荒野にいる
Rollin' Age 开怀于荒野
仆は仆は荒野にいる
身在荒野 处之泰然
黒白フィルムは 燃えるスクラムの街
黑白相片里 是火热的街头示威风景
足并揃えた幻たちの场面
那整齐的步伐 现在只成一堆幻影
それを宝にするには あまり遅く生まれて
只恨自己生得太晚 没法把这些相片当宝贝
梦のなれの果てが転ぶのばかりが见えた
映入眼帘的 是满地寻梦的残破下场
Rollin' Age 淋しさを
Rollin' Age 不要把寂寞
Rollin' Age 他人に言うな
Rollin' Age 向别人诉说
軽く軽く伤ついてゆけ
轻轻苦楚 等于激励
Rollin' Age 笑いながら
Rollin' Age 高声地大笑
Rollin' Age 荒野にいる
Rollin' Age 开怀于荒野
仆は仆は荒野にいる
身在荒野 处之泰然
9桁の数字を 组み替えて并べ直す
毫无目标反复交换地按着 不同九位数字的电话号码
淋しさの数と同じ イタズラ电话
起伏无常寂寞的心境 驱使我去做此恶作剧
ボックスを叩く街の风が冷たい
街上的寒风吹拂着电话亭
どうしても1つだけ押せない组がある
唯独一个熟悉的号码我不敢去按
Rollin' Age 淋しさを
Rollin' Age 不要把寂寞
Rollin' Age 他人に言うな
Rollin' Age 向别人诉说
軽く軽く伤ついてゆけ
轻轻苦楚 等于激励
Rollin' Age 笑いながら
Rollin' Age 高声地大笑
Rollin' Age 荒野にいる
Rollin' Age 开怀于荒野
仆は仆は荒野にいる
身在荒野 处之泰然
仆は仆は荒野にいる
身在荒野 处之泰然